転職エージェントの仕組み教えます。

転職エージェントとは、正式には「有料職業紹介所」と呼ばれ、厚生労働大臣の認可を受けた斡旋を目的とした会社のことを言います。一般的には「人材紹介所」や「人材バンク」と呼ばれ、転職者(求職者)と企業をつなぐ役割をしています。
転職者と企業の間を取り持って、お互いにマッチする人材と求人を紹介・仲介します。
また、転職者のスケジュール管理、職務経歴書の書き方や面接対策等の転職活動のサポートもしてくれます。
このように便利な転職エージェントを、転職者は無料で利用することができます。
なぜ、無料で利用することが出来るのでしょうか?転職エージェントはどのように運営されているのでしょうか?
転職エージェントは、企業から成功報酬を受け取っています。
その、成功報酬によって転職エージェントは運営されています。

転職エージェントでは、転職者の採用が決まるまでサポートを受けることができます。
これは、人材を募集している企業側からすると「適切な人材が確保できるまで」と、言い換えることができます。
転職者の採用が決まったタイミング、つまり適切な人材が確保できた時点で、企業から転職エージェントに成功報酬が支払われます。
成功報酬は、転職者の年収の30%から35%が相場と言われています。
年収300万円ならば、成功報酬は90万円から100万円ほど、年収600万円ならば180万円から200万円ほどになります。
そのため、エージェントは側もより高い年収での転職を成功させようと努めます。

このような仕組みは、転職者にとって有利に働きます。
転職者の年収が高ければ高いほど、エージェントの取り分の額も上がっていくため、少しでも高い年収で転職させようとエージェントはサポートしてくれます。
より高い、求人の紹介はもちろん、企業との間に入って年収アップの交渉をしてくれたりします。

しかし、この仕組みには転職者にとってデメリットに働く場合もあります。

エージェントが年収を重視しすぎる傾向になるため、仕事内容、福利厚生や職場環境といった年収以外の希望が置き去りに考えられてしまうことがあります。
転職後に、「年収は上がったが、希望の職種で働けなくなった」、「年収は上がったが、残業が多すぎる」等、年収以外の悩みを抱えるようになる人もいます。
働いていく上で、年収以外に重要視したい点を、エージェント側に伝え続け理解してもらうことが重要です。