IT転職の際の面接のコツ

IT転職だけではなく、どんな業種の転職の面接でもコツはあります。
採用された場合、実際に就職をした後に採用をされたその理由を聞くことができるかもしれません。
しかし不採用になってしまった場合、その理由を聞く機会はほぼありません。
次の面接のために不採用になってしまったそのポイントを聞くことができれば、改善の余地があるかもしれませんが、実際には不採用の理由を聞くことが出来ないので、改善のポイントも分からないことが多いです。

IT転職の面接の際には、想定される質問がいくつかあります。
その質問に対する回答をしっかりと考えておくことも大事なのですが、ありきたりな回答の場合には他の人との差が分からないということになってしまいます。
想定される質問とその回答を考える際には、回答の中に自分らしさ、オリジナリティーを取り入れることを考えてみるとよいでしょう。

IT転職の場合にはスキルが求められることが多いです。
資格を多く取得していたとしても、詳しい技術面の話をした時に返事に困ってしまうような人は印象も悪くなってしまうことがあります。
資格はただ取得をしただけで頭の中には全然入っていない、と判断されてしまいます。
IT関連の仕事がしたい、という気持ちを伝えることも大事ですが、採用をして全然知識がなく、役に立たないということになってしまうと企業側も困ります。
中には未経験者のほうを優遇したいという企業もありますが、それを承知の上で採用をしてくれるところというはどこにでもあるわけではありません。
ですから、面接を受ける前に経験者なのか未経験者なのか、ということをしっかりと分かってもらうことが大事です。

IT業界は専門用語も多いので、その専門用語の知識も求められます。
知ったかぶりで話してしまうと矛盾点も出てきてしまうため、分からないことは分からないという勇気も必要です。

ありきたりな回答だとその人のことを十分に理解することはできませんし、本質が見えてこないこともあります。
事実を詐称することがないように素直に正直に回答をしていくことは必要ですし、自分のことを理解してもらえるように、また志望をした理由も伝わるように自分の言葉で考えて伝えていくことが大事です。

基本的なことは履歴書をみれば分かるようになっているので、記載をしていないようなことを答えていく、ということが面接の中で求められることですし、面接官も見ている点なのです。