月別アーカイブ: 2016年6月

転職エージェントに相手にされない理由は?

転職活動をする際に多くの人が転職エージェントを利用しています。
転職エージェントとは、正式には「有料職業紹介事業所」と呼ばれ、厚生労働大臣から認可され、職業斡旋を目的とした会社のことです。
一般的には、「人材紹介所」や「人材バンク」とも呼ばれています。

主に、転職希望者に対して、求人情報の提供、面接日時等の調整、採用条件等のとりまとめ、入社日の調整などの、転職活動の一連をサポートしてくれます。
専任のキャリアコンサルタントがアドバイスを行い、適性や希望に基づいた詳細な求人の提供をしてくれます。
また、職務経歴書の書き方や、面接の対策や年収交渉など、転職経験がない方へのサポートも充実しています。

一般的に登録後、面談を行い、キャリアカウンセラーが求人案内をします。その中で、興味がある求人に応募します。
カウンセラーが受付、推薦状とともに、エージェント内の求人企業担当に送付します。
ここで、応募者の経歴をもとにエージェントで社内選考を行います。
合格した場合、募集会社へ書類が送付され、選考されます。
書類選考を通過した場合のみ、何度かの募集会社との面接を行い、内定へと向かっていきます。

勤めながら、転職活動をする際、転職希望者にとってメリットが大きいサービスと言えます。
しかし、登録後に「現在ご紹介可能な案件はありません」と、転職エージェントに相手にされない人もいるのです。
なぜ、相手にされないのでしょうか?

次のような理由が考えられます。
低学歴、低スペック、社会人経験がない、転職回数が多すぎる、年齢が高い、希望する職種がない等です。
このような場合は、自分の経歴に対して希望条件が高すぎて、人材エージェント側も紹介の仕様がないと考えます。
もう一度、転職に関して妥協できる点と譲れない点を見直してみてください。
通勤時間、仕事のやりがい、企業の規模、勤務時間や休日、給与等、妥協できる点はないでしょうか?
一つ条件を下げることで、幅広い求人に出会える可能性が広がります。
妥協したと思っても、逆に他の面で条件がいい企業に出会えることもあります。
妥協が悪いことではないと前向きに考えてください。

また、1度は求人の紹介を受け、応募したのに放置されているという状況もあります。
キャリアコンサルタントは、多くの人材を担当しているため、後回しにされている可能性があります。
また、他の候補者が内定が出そうで求人が保留になっていることもあります。
一度問合わせてください。
任せっきりにしているうちに、他の企業と出会うチャンスを逃しているかも知れません。
そして、今後は、応募後にどれくらいで連絡を貰えるのか、その都度確認しておきましょう。
その期日を過ぎたら催促するようにしていけば、キャリアコンサルタントとの関係を壊すこともなく、転職活動をスムースに行うことができます。

転職エージェントから相手にされていない場合は、必ず原因や理由があります。
まずは、自分自身に原因がないかを考え改善しましょう。
それを踏まえても改善されない場合は、エージェントに働きかけましょう。
あくまでも、自分が転職活動をしていることを忘れずに、エージェントに任せっきりにしないようにすることが大切です。